実際の体験談をご紹介

親にバレずにお金を借りれました。(男性/20代)

男性/20代

私は都内の私立大学に通っている大学3年生です。

ギャンブル好きで大学の授業の合間を縫っては友達と雀卓を囲んだり、
パチスロをするといった生活を送っています。

毎月親から仕送りをもらっているのですが、パチスロで散財した月は仕送りだけでは生活が厳しく、
消費者金融のカードローンでお金を借りるようになりました。

定職についているわけではないため、お金を借りられるか心配していたのですが、
居酒屋のアルバイトで少ないながらも収入があったので、無事審査を通過することができました。

こんなに簡単に即日でお金を借りることができるのか…と驚いたのを覚えています。

ただ、唯一気がかりだったのがカードローンを利用したことが親にバレないかということです。
身分が学生ということで、もしかしたら親の同意が必要かもしれないと心配していました。

しかし結局、親の同意は必要なかったため、親にバレることはなく安心しました

カードローンでお金を借りるようになって、1年ほどが経ちます。

お金がピンチの時だけ借りるようにしているので、
借金の返済に追われることもなく、とても快適な大学生活を送れています。

たまに、友達に消費者金融でお金を借りるの怖くないの?と聞かれますが、
返済計画さえ守っていれば、全然怖くないよと答えています。

カードローンは使い道が限定されませんし、保証人も必要ないので、
学生がちょっとお金に困った時にとても頼りになる存在です。

友達からお金を借りて微妙な関係になるぐらいなら、カードローンを利用する方が良いと思います。

数あるカードローンの中でも、学生による口コミ評価が高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

  3. アコム

    土日祝日でも即日融資、電子交付なら郵送物なし、30日間無利息でクレジット機能を付けられる

その他の体験談

いざという時に便利なカードローン。学生でも借りられる?

手軽にお金を借りることができるカードローンは、生活を便利にするツールとして多くの人が利用しています。

カードローンは経済力のある社会人が利用するイメージが強いかもしれませんが、実は学生でも利用可能です。
学費や友人との交際費など、学生生活は何かと出費が多いでしょう。

そんな時にカードローンを上手く活用すれば、生活に余裕を持たせることができます。

こちらでは、学生がカードローンを利用する上でのポイントや注意点を説明します。

カードローンの申し込み条件

一般的にカードローンの申し込み条件には、満20歳以上という年齢制限が設けられている場合がほとんどです。

学生であっても成人していれば、カードローンへの申し込みが可能ということになります。
逆に言えば、同じ学生であっても18、19歳の人は申し込みができないのです。

ただし、金融機関によっては「学生不可」と明記しているところもあるので注意しましょう。
中には、未成年であっても18歳以上で親の同意があれば申し込めるというカードローンもあります。

そして、学生がカードローンを利用するための条件として、「安定した収入がある」というポイントが挙げられます。

一般的なカードローンでは、利用者本人にアルバイトなどの安定した収入があり、
返済能力が備わっていることを証明できることが申し込み条件です。

その他にも、親からの仕送りがある場合や、親の年収・勤め先の情報で審査して、
連帯保証人になってもらうことで申し込みがるケースもあります。

ただし、仕送りに関しては「安定収入とは認められない」というのが、一般的な認識となっているようです。

カードローンの審査基準

カードローンを利用してお金を借りる場合、選択肢は大きく分けて「消費者金融」と「銀行系カードローン」の2つになります。

どの金融機関の商品を利用するかによって、細かい審査基準は異なりますが、
一般的に学生はフリーターと同程度の水準で審査されることが多いです。

ただし、学生の場合は高額な収入が見込めないので、利用限度額はやや低めに設定されがちになります。

これには業者による貸し付けを、年収の1/3に制限する「総量規制」という法律が関わっているのです。
学生ならば借り入れ限度額は、最高でも10万円程度と見積もっておきましょう。

また、消費者金融は金利が高めですが、審査がやや緩めなのが一般的です。

なお、カードローンの審査結果は信用情報に傷が付くものではありませんが、
一定期間他のカードローンの審査でその情報が参照される場合があります。

なので、まずは審査が通りやすい消費者金融に申し込んでみるのがいいでしょう。

審査に通るためのポイント

カードローンの具体的な審査項目は公表されていませんが、審査を通過するためのポイントはある程度限られています。

学生の場合であれば、特に収入に関する項目は重要になるでしょう。
学生がカードローンに申し込むのであれば、最低でも月5万円以上、余裕を見るなら8万円以上は欲しいところです。

また、収入の安定性という意味では、アルバイトの勤続年数も大切になります。

アルバイトを転々として、1つの仕事に長く就いていない場合は要注意です。
1年以上、今の場所で継続して働いていることが理想的と言えるでしょう。

さらに、個人信用情報のステータスも重要になります。

カードローンの審査で参照される申し込み者の信用情報は、信用情報機関を通じて金融業者が共有しています。

目安として過去1年以内に携帯電話の利用料金やライフライン利用料金の支払い、
ローンの返済が遅れてしまったことはなかったか確認してみましょう。

信用情報を底上げするという意味では、クレジットカードを1枚作っておくのも1つの手段です。

少額でも構わないのである程度の利用と返済の実績を作っておくことで、信用情報の判断材料にしてもらえる可能性があります。

カードローンの上手な活用方法

カードローンの利用方法は、生活費や大きな出費の一時的な資金など人によって様々です。

学生の場合はまとまったお金が必要になるものとして、卒業旅行や免許取得などが挙げられるでしょう。

こうしたイベントは、カードローンの申し込み理由として十分に通用するものであり、
審査面においてもプラスに働く傾向があります。

学生生活を送りながらアルバイトをしていると、毎月の収入には限界があると思います。

旅行や免許合宿といったイベントに向けて貯金したり、バイトのシフトを増やしたりするのも手ですが、
こういった場面でこそカードローンを賢く利用するのをおすすめします。

カードローンを利用する際の注意点

カードローンを利用するにあたって重要なことは、返済期日を守ることです。

返済が遅れると遅延損害金が発生して、余分なお金を払う必要があり、個人信用情報に傷が付くこともあります。

個人信用情報の傷は一定期間で削除されますが、それまでの数年間は
ローン商品やクレジットカードの審査で不利に働いてしまうでしょう。

なので、余裕をもった無理のない返済プランを立てて、毎月の返済日と返済額をしっかり把握しておくことが大切です。

消費者金融の中には返済忘れを防止するために、返済日が近づいていることをメールで知らせてくれるサービスもあります。

返済日にいくつかの選択肢が用意されていることも珍しくなく、
アルバイトの給料日直後に返済日を設定しておくことで負担を軽くすることも可能です。

学生でもカードローンは利用可能

学生でもカードローンでお金を借りることは可能ですが、社会人と同等のサービスを受けることは難しいかもしれません。

しかし、例え利用限度額が10万円だとしても、学生生活を豊かにする使い方はいくらでもあると思います。

お金を稼ぐために一生懸命アルバイトに励むのもいいですが、
一時的にお金が必要な場合はカードローンを利用するのが手軽でおすすめです。

当サイトで紹介しているカードローンはいずれも信頼性が高く、安心できるものなのでぜひ検討してみてください。

人気の学生向けカードローンはこちら